交通事故における死亡率の違いと予防の心得

交通事故8

交通事故は車両の速度や路面状況などの要因で規模が大きく変わります。特に車両の乗員や歩行者の被害の度合いは事故の大きさに左右されやすいのが特徴です。被害者の死亡率は事故の規模が大きくなるほど高くなる傾向があるため、常に安全運転を心がけることが大切です。

万が一のトラブルに見舞われた時も被害を軽減させるために、交通事故の詳細と死亡率の関係を把握しましょう。

車両同士の交通事故における死亡率の関係

交通事故の中でも車両同士が衝突する事故は公道上であればどこでも起こる可能性があります。特に車両速度が速くなりやすい郊外や高速道路では事故の規模も大きくなりやすく、被害者の死亡率も高くなります。また、車両の速度の他に車体の大きさも乗員の死亡率を左右するのも特徴の一つです。

一般的に車体が小さい車両になるほど乗員の死亡率が高くなりますが、速度や路面状況も絡むので一概には断定できない点を注意します。車両同士の事故では自動車よりもバイクのほうが死亡率が高くなりますが、これは事故の衝撃で乗員が路面に放り出されるリスクが大きいのが原因です。

自動車であってもシートベルトを装着していないと事故の際に車外に飛び出してしまう可能性があります。また、極端に高速で走行している車両が衝突したことにより、座席ごと車外に飛び出したケースもあります。

作業車両の事故の特徴と乗員の死亡率

工事作業や荷物の搬出入などに用いる作業車両は用途の性質上、頻繁に乗り降りを繰り返す必要があるのでシートベルトが無いのが普通です。また、低速で移動することを前提で作られているので、スピードを上げ過ぎると車体が安定しなくなる点を注意する必要があります。

作業車両は見晴らしを良くする目的で車体が高く作られていますが、その一方で重心が高い位置にあることから横揺れに弱いのが欠点です。そのため、作業車両の事故は横転事故が多数を占めます。また、事故のはずみで乗員が放り出されて車体の下敷きになるのも作業車両の死亡率を大きく上げている原因です。

作業車両の事故の殆どは速度の上げすぎで起こるので、安全運転を意識することが大切です。速度以外の点では車両の周囲の状況を常に把握し、人や遮蔽物を避けるように心がけます。作業車両は車体の大きさや重心の高さから急に方向転換すると横転する危険があるので、距離を十分に取って少しずつ方向を変えるのが事故予防の心得です。

歩行者が事故に巻き込まれる原因と死亡率の関係

車両が歩行者を巻き込む事故は車両側の安全確保の不備が大きな原因ですが、その一方で歩行者側にも事故を引き起こす原因が含まれていることがあります。特に見通しが良くない道路で遮蔽物から歩行者が急に道路上へ出てくる、出会い頭の交通事故が歩行者を巻き込む事故の多数を占めているのが特徴です。

歩行者が巻き込まれる事故では歩行者側の死亡率は非常に高いため、車両を運転する側は事故を起こさないように細心の注意を払う責任があります。歩行者の死亡率は車体の大きさと速度が大きな要因ですが、小型の車両が低速で衝突しても死亡する危険があることには変わりは無いので注意が必要です。

また、歩行者が自転車に乗っている場合は自転車の速度が事故の際の衝撃に加算され、歩行者の体に大きなダメージを与えるケースがあります。

歩行者が事故に巻き込まれるケースの中でも高齢者が車道に飛び出す事故の割合は地域に関係無く多数を占めます。特に信号が赤の状態の横断歩道を渡っている最中に車両に衝突するケースが多いことから、車両を運転する側は信号機や標識が走行を指示している場合であっても常に道路の状況に気を配る姿勢を持つことが大切です。

交通事故の証明書とその発行方法

交通事故を防ぐために車両を運転する側が必要なこと

交通事故の被害の規模は車両の大きさと速度が関係します。法定速度を超えたスピードで走る車両は衝突した際の損壊が激しく、乗員の死亡率も上昇する傾向があります。また、同じスピードで衝突しても大型車よりも小型車のほうが乗員の危険が大きくなるのも事故の特徴の一つです。

乗員がシートベルトを装着していないと衝突の際に衝撃をまともに受け、場合によっては車外に放り出される危険があります。交通事故を起こさないためには法定速度を厳守し、路面の状況を確認しながら安全確認に努めることが大切です。

走行中は必ずシートベルトを装着し、車内に余計な荷物を置かないことで万が一の事故に見舞われても被害を軽減させることが可能です。また、車両の大きさが事故の死亡率に関係しますが、あくまで事故の規模に付随する事柄です。

そのため、乗車する車両の大きさに関係無く安全を確保することを厳守するのがドライバーの責務になります。

交通事故で被害者が死亡してしまった時の慰謝料

歩行者が出来る安全確保の工夫

歩行者が巻き込まれる交通事故の多くは運転する側が歩行者の存在を見落としたことに起因します。特に夜間は暗くなることで視界が悪くなり、歩行者の姿が確認しにくくなるのが事故の原因です。そのため、歩行者は自身の存在を車両に認識してもらうように工夫するのが安全を確保する重要な条件になります。

歩行者が出来る安全確保の方法では衣類や靴に反射材を付けるのが最も簡単で効果的です。

車両のライトの光を反射し、歩行者の存在を認識させることが可能になります。歩行中は反射材の角度も頻繁に変わることから該当地点で人が歩いていることを簡単に認識出来るのが大きなメリットです。反射材は安価で購入出来るので金銭の負担も少なく、ファッション性を損なう心配もありません。

また、反射材を帯状に縫い付けたベストを着る方法もありますが、より目立ちやすい利点がある一方で道路工事の作業員が用いるイメージがあります。そのため、歩行する場所によっては避けるのが無難です。反射材の他にLEDライトを点滅させる安全ベストを使う方法もあります。

LEDライトが発光するので車両がライトを点けていない状態でも歩行者の存在がアピール出来る利点がありますが、バッテリーの残量には注意する必要があります。反射材よりも重量があるので、長時間の使用にも十分に注意することを心がけます。

特に高齢者は若い人と比べて体力が少ないので、軽量なバッテリーを選ぶなどの工夫も必要です。事故に巻き込まれないためには視界が悪くなる夜間の外出を控えるのが最も大切な心得ですが、やむを得ず外出する際は車両から認識されやすいように工夫するのが歩行者に求められる姿勢です。