交通事故を起こしてしまった場合の謝罪文

車6

車が普及した現代では自動車事故も毎日起こっているといっても過言ではありません。気を付けて車の運転をしていたとしても、何かのはずみで交通事故を起こしてしまう可能性がないとは言えないのが現状です。もし、交通事故を起こしてしまったのならば、その事故の程度にかかわらず周囲に迷惑をかけてしまったことは確かです。

しっかしと謝罪の意思を示さなければなりません。その際の謝罪文について紹介します。

交通事故の謝罪の重要性

車8

交通事故を起こしてしまい、被害者がいるのならば、いくら金銭面においての交渉や負担に関して保険会社が請け負うからといっても謝罪が必要です。それも、事故が起きた後のなるべく早い段階で行うことが必要でしょう。

相手の心情を慮るという意味でも必要なことですが、他にも様々な意味で重要です。事故相手への謝罪は心情面で気が重くできるだけしたくないと感じるかもしれませんが、必要です。その理由としては、相手への配慮以外にも、示談交渉が円滑化したり、刑事責任の軽減がなされたり、あるいは行政処分が軽減化される可能性が高いからです。

交通事故の被害者と行う示談交渉は、基本的に保険の担当者が行いますが、その交渉結果は加害者本人の誠意が大きく関係します。誠意は本人の直接の謝罪からしかくみ取ることはできません。そのため、謝罪は必要です。人身事故ならば刑事事件となり、刑事上の責任が生じます。

危険運転致死傷罪、あるいは過失運転致死傷罪となり非常に重い罪なのですが、どちらの罪になるかにより、金銭的にも精神的、時間的なかかる負担は大きく変わります。そして、どのような刑を科されるかは示談の締結や謝罪の有無によって裁判官や検察官の判断に大きく影響を与えることは確かです。

謝罪をすることによって、実刑が執行猶予になったり、懲役年数が軽減されたり、さらには刑が免除されるほか、起訴が回避される可能性も高くなります。交通事故にかかわらず、交通違反をすれば、点数が課されるといった対処がとられます。

これが行政上の処分であり、交通事故の場合は免許の停止や取り消しがなされる可能性も高いです。処分には基準があり、これに謝罪の有無や示談締結が影響を与えます。

行政上の処分を決めるための告知聴聞において、謝罪をしたこと・示談締結を示すことができれば、処分の軽減がなされる可能性が高いです。人身事故ならば、謝罪をする必要がありますが、物損事故ならば関係ないと思いがちですがそのようなことはありません。

物損事故であっても、示談交渉を円滑にする効果があるほか、後々ケガの症状があらわれて人身事故に代わる可能性もあります。必ず謝罪は必要でしょう。これらの理由から、事故を引き起こしてしまったならば、必ず謝罪が必要です。

謝罪の手順

事故を引き起こしてしまったならば、直接顔を合わせての謝罪が必要です。それもできるだけ早い段階で必要となります。しかし、事故相手の場所に押しかけて、謝罪をすれば必ず良い結果になるとは限りません。謝罪をしようと思ったのならば、まず保険会社へと連絡します。

保険会社の方針によっては、事故の当事者同士での接触を禁じているケースもあります。当事者同士の接触により、謝罪が成立して円滑な関係を築ければよいですが、場合によってはトラブルに発展する可能性もないとは言い切れません。

そのため、禁止されていることもあれば、保険会社の社員同行の上で許可されるといったこともあるので、まずは確認が必要です。

謝罪といっても、すぐ直接相手の場所へと行くことはお勧めできません。まずは、電話でアポイントメントをとり、相手の了承を得てから行う必要があります。場合により、相手に断られることもあります。一度断られてすぐに諦めてしまうと、それはそれで印象が悪くなる可能性があるので、何度か申し込むべきでしょう。

それでも断られたならば、無理に謝罪をすることは諦めます。断られたからといっても、まったく謝罪がないというのはよくありません。ここで役立つ存在が手紙での謝罪です。丁寧な文面で謝罪文を書き、保険の担当者や弁護士を介して渡すことが勧められます。

謝罪文の書き方のポイント

謝罪文を書く場合にはいくつかの注意点があります。この注意点を守らなければ、場合によって謝罪文を送ったことによりかえって被害者を不快な気分にさせてしまう可能性もなくはありません。謝罪文のテンプレートもあるので、参考にしながら書いていくことがおすすめです。

ポイントのひとつ目は、言い訳をしないということです。

謝罪文であるのに、言い訳ばかりを書き連ねられていたならば、結局謝罪の意思がないのではないかと思われかねません。事故の原因や成り行きを書き記すことはあっても、言い訳を書くことは避けるべきです。ふたつ目のポイントは、賠償などに関することは言及しないということです。

賠償関係は、保険会社が交渉することが基本です。下手に賠償に言及してしまうと、そのことを理由として交渉が上手くいかなくなる可能性があります。賠償に関することには言及せず、謝罪の意思があるということを示す言葉で終わらせることが重要です。

当たり前ですが、誤字脱字に気を付けて、間違えたならば修正液を使うのではなく書き直さなければなりません。また、便せんは白無地のもの、封筒は白無地の二重の和封筒を使用し、外から見て謝罪文であるとわからないようにすることもひとつの配慮です。

謝罪文の実例

交通事故によりケガを負わせてしまった場合の謝罪文は以下です。

「謝罪文

○○様この度は、わたくしが起こした事故により○○様に多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。わたくしの不注意により、○○様に××(事故の原因)してしまい、大変なお怪我をさせてしまいましたこと、多大な恐怖を抱かせてしまったこと、誠に申し訳ございませんでした。

また、お車を傷つけてしまったことを謝罪いたします。改めてお会いして謝罪申し上げるべきところですが、○○様の負担を考えて、お手紙での謝罪となりましたこと何卒ご容赦ください。この度の事故は、わたくしが原因であることは確かであるので、誠心誠意の賠償をさせていただきたいと思っております。

さぞご不便なことと存じます。今後は、気を引き締めて運転をしていく所存です。改めて、今回は多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。〇年〇月〇日××(自分の名前)」どのような事故の謝罪文でも同じですが、被害者が感じたであろう恐怖や不快感を想像して、自分の言葉で謝罪すること、謝罪の意思と更生の意思を伝えることが重要です。

交通事故の証明書とその発行方法

完全な加害者ではない場合と注意点

交通事故が起こった場合、かかわった人々のそれぞれにどの程度の過失があったのかが賠償などにおいて重要な位置を占めます。加害者である自分の過失が10、あるいは9の割合である場合、謝罪が必要であろうとは想像がつきます。

しかし、過失が6や5であり、完全なる加害者ではないと感じる場合は、謝罪が必要なのか、どのような謝罪にすべきかが気になるところです。このケースは非常に難しい問題です。謝罪をしないと、相手に不快感を与えてしまう可能性がありますが、安易に謝罪をしてしまうと、相手側に自分に過失がないのではないかといった誤解を与えかねません。

この誤解は、示談交渉の際にもめる原因になる可能性もあります。謝罪をするならば、謝罪の方向性をしっかりと定めることが重要です。ケガの具合や車を傷つけてしまったことに対する謝罪の文面を書いても、賠償に関する言及を避けるようにすることが勧められます。